京都高台寺「箸や楓」

割烹料理とコース料理(懐石料理・会席料理)

割烹料理と懐石料理、そして会席料理の違い

 

割烹料理はカウンター形式の店舗で提供され、客が直接注文し、調理された料理を順不同で提供されます。懐石料理とは異なり、順序が決まっていません。また、割烹料理では、「割」は包丁で切ることを、「烹」は調理することを意味し、これは調理の手法に焦点を当てています。一方、懐石料理は、茶室で提供され、お茶を楽しむために提供される料理です。順序が決まっており、まずご飯、汁、向付(むこうづけ)が出されます。そして、会席料理は料亭や宴席で提供され、お酒を楽しむために提供される料理であり、懐石料理よりも品数が多く、ご飯や汁物は最後に提供されます。

 

今回頂いだ割烹料理

 

基本は会席料理を頂くことが多いのですが、久しぶりに割烹料理

まずは、お刺身の盛り合わせに、蛍烏賊にごま豆腐に菜の花和えをお願いする。

出てきた順番が、

1-突出し

2-刺身

3-蛍烏賊

4-ゴマ豆腐

5-菜の花和え

6-海老から揚げ

 

次に鰻のたれ焼きと鯖すしを

 

7-鰻のたれ焼き

8-鯖すし

 

最後に和牛ステーキと焼き筍をお願いする。

9-和牛ステーキ

10-焼筍

一寸食べすぎかな、お腹がいっぱいです。

関連情報

晴れの日のハレ箸 - 箸や楓 (hasiyakaede)

京都高台寺「箸や楓」

「衣服に晴れ着があるように、お箸にも晴れの日に使う晴れ箸」があってもと考えています。日本には、お正月にはじまりクリスマス、その他にも誕生日、結婚記念日など、それぞれの晴れの日が考えられます。箸や楓の思いは、普段着と晴れ着があるように、箸にも普段使いの箸とそんな晴れの日に使う「ハレ箸」があってもよいのではということです。

屋号 箸や楓
住所 〒605-0826
京都府京都市東山区桝屋町362番地12
営業時間 11:00~17:00
定休日 不定休
代表者名 橋本 良介
E-mail info@hasiyakaede.com

コメントは受け付けていません。

特集

京都市東山区桝屋町362番地12

080-2471-7250

営業時間 / 11:00~17:00
定休日 / 木曜日

 

 

 

【休業のお知らせ】

 

次回の臨時休暇は決まっていません。

決まり次第、こちらでご案内致します。