京都高台寺「箸や楓」

会席料理の芸術:お魚、四季、器の楽しみ方

会席料理とは

会席料理は、お酒を楽しむための贅沢な料理です。基本的は「一汁三菜」を基本とした献立で、その中には細かい決まりはなく、一品一品が順番に出てくる贅沢なひとときを楽しむことができます。 会席をより一層楽しむには、3つの要素があるように思えます。

 

 

 

お魚の魅力

会席料理の魅力の一つは、ズバリ「お魚」です。お刺身から始まり、日本独自の和食はお魚を中心に発展してきました。素材の選び方、身を下ろす技術、そして調理法には料理人の熟練の技が隠されています。お魚料理に注目することで、料理人の繊細な手仕事や工夫を感じながら、会席をより深く楽しむことができます。

 

 

 

 

 四季の移り変わり

会席料理は、季節ごとに献立が変わります。旬の食材をふんだんに使用し、季節の移り変わりを五感で感じることができるのが、会席料理の魅力です。目でも楽しめる料理は、旬の食材それぞれが持つ旨みを最大限に引き出しています。四季折々の美味しさを堪能したいですね。

 

 

 

 

 

 

 器の個性

最後に、「器」も会席料理の醍醐味です。和会席では、陶器を中心に様々な色や形、手触りに個性がある器が登場します。洋食のコースが白い磁器やガラスの器で統一されるのとは異なり、和会席では料理の色味や季節に合わせて器が選ばれています。料理の美しさを引き立て、食事をより一層特別なものにしてくれます。

 

 

 

 

 

会席料理を楽しむには、お魚、四季、器の魅力を存分に堪能して、料理とともに素敵なひとときを楽しみたいですね。

関連情報

晴れの日のハレ箸 - 箸や楓 (hasiyakaede)

京都高台寺「箸や楓」

「衣服に晴れ着があるように、お箸にも晴れの日に使う晴れ箸」があってもと考えています。日本には、お正月にはじまりクリスマス、その他にも誕生日、結婚記念日など、それぞれの晴れの日が考えられます。箸や楓の思いは、普段着と晴れ着があるように、箸にも普段使いの箸とそんな晴れの日に使う「ハレ箸」があってもよいのではということです。

屋号 箸や楓
住所 〒605-0826
京都府京都市東山区桝屋町362番地12
営業時間 11:00~17:00
定休日 不定休
代表者名 橋本 良介
E-mail info@hasiyakaede.com

コメントは受け付けていません。

特集

京都市東山区桝屋町362番地12

080-2471-7250

営業時間 / 11:00~17:00
定休日 / 木曜日

 

 

 

【休業のお知らせ】

 

次回の臨時休暇は決まっていません。

決まり次第、こちらでご案内致します。