京都高台寺「箸や楓」

日本料理の花形は刺身

日本料理の特徴

 

日本料理は、季節感を大切にし、新鮮な魚介や野菜を使用し、刺身、煮物、焼き物、汁物、寄せ物などの料理で、素材の風味を生かすことを重視しています。また、日本料理は一般的に強い香辛料をあまり使用しない特徴があり、器や盛り付けにも美意識を取り入れ、見た目の美しさを大切にしています。その中でも、刺身は日本料理を代表する伝統的な料理の一つです。日本人は生の魚介が美味しいことを認識しており、新鮮な魚介は余計な調理を加えずに生で食べるのが最良の方法とされています。刺身は高級料亭から居酒屋まで、和食のレストランで必ず提供される定番メニューです。旬の生魚が美しく盛りつけられた一皿は、日本料理の花形とも言える存在です。

 

 

 

花形がないランチのコース料理

 

最近、友人と一緒に日本料理屋で食事を楽しむ機会があり、通常、刺身を楽しむことができることを期待していますが、その日は何と、刺身がメニューに入っていないことに気づきました。普段は刺身が欠かせない私たちにとって、この変化は少し驚きでした。しかし、その瞬間、新しい冒険を楽しむことができました。私たちはメニューを見て、刺身の代わりに焼き魚と季節の野菜を選びました。その結果、新しい味わいと風味を楽しむことができ、日本料理の多様性に驚かされました。焼き魚はジューシーで香ばしく、野菜は新鮮で彩り豊かでした。刺身がない日でも、日本料理屋で素晴らしい食事を楽しむことができることを学びました。料理のバリエーションを試すことで、新たな味覚の発見があり、食事体験がさらに豊かになることを実感しました。食事は単なる栄養補給だけでなく、文化や冒険でもあります。日本料理でのこの小さな驚きは、私たちにとって貴重な思い出となり、たまには予想外の選択をすることの楽しさを再確認させてくれました。日本料理屋で食事を楽しむ際、予想外のことがあっても、それを楽しむ心の余裕を持つことが、素晴らしい食事体験の一部となるかもしれません。

 

 

 

 

     

 

 

 

 

関連情報

晴れの日のハレ箸 - 箸や楓 (hasiyakaede)

京都高台寺「箸や楓」

「衣服に晴れ着があるように、お箸にも晴れの日に使う晴れ箸」があってもと考えています。日本には、お正月にはじまりクリスマス、その他にも誕生日、結婚記念日など、それぞれの晴れの日が考えられます。箸や楓の思いは、普段着と晴れ着があるように、箸にも普段使いの箸とそんな晴れの日に使う「ハレ箸」があってもよいのではということです。

屋号 箸や楓
住所 〒605-0826
京都府京都市東山区桝屋町362番地12
営業時間 11:00~17:00
定休日 不定休
代表者名 橋本 良介
E-mail info@hasiyakaede.com

コメントは受け付けていません。

特集

京都市東山区桝屋町362番地12

080-2471-7250

営業時間 / 11:00~17:00
定休日 / 木曜日

 

 

 

【休業のお知らせ】

 

次回の臨時休暇は決まっていません。

決まり次第、こちらでご案内致します。