京都高台寺「箸や楓」

和のコース料理がすき

丁寧な一品をだされる祇をん福寿さん

 

食材にこだわっておられる祇をん福寿さん。仕入の状況により献立が変わるお店で、料理を彩る器が好きなご主人の安藤さん。本日、気になったのは「土瓶蒸し」と「ときしらず」です。まず、お椀代わりの土瓶蒸しの器にびっくり、持ち手がない土瓶蒸しの器が竹籠におさまり、そして杉の丸板の上に土瓶蒸し、猪口、すだちが添えられています。余計な飾りはせず、品のある土瓶蒸し料理でした。次にお刺身三点のなかに「ときしらず」が盛り付けられていました。「ときしらず」秋サケとは違い、春から夏に水揚げされるサケで、北海道が産地です。「ときしらず」は季節外れの春にとれるので「時を知らない」からこの名前が付いたそうです。「ときしらず」は若いサケで産卵の準備が出来ていず、卵や白子に栄養まわらないため、脂のノリが良く、旨いです。

 

本日のコース料理

 

前菜から

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ごちそうさまでした。

 

 

 

関連情報

晴れの日のハレ箸 - 箸や楓 (hasiyakaede)

京都高台寺「箸や楓」

「衣服に晴れ着があるように、お箸にも晴れの日に使う晴れ箸」があってもと考えています。日本には、お正月にはじまりクリスマス、その他にも誕生日、結婚記念日など、それぞれの晴れの日が考えられます。箸や楓の思いは、普段着と晴れ着があるように、箸にも普段使いの箸とそんな晴れの日に使う「ハレ箸」があってもよいのではということです。

屋号 箸や楓
住所 〒605-0826
京都府京都市東山区桝屋町362番地12
営業時間 11:00~17:00
定休日 不定休
代表者名 橋本 良介
E-mail info@hasiyakaede.com

コメントは受け付けていません。

特集

京都市東山区桝屋町362番地12

080-2471-7250

営業時間 / 11:00~17:00
定休日 / 木曜日

 

 

 

【休業のお知らせ】

 

次回の臨時休暇は決まっていません。

決まり次第、こちらでご案内致します。