京都高台寺「箸や楓」

食事のシーンに合わせて揃えたい「お箸」

普段使いの日常箸…

 

日本人の食事に欠かせない「お箸」。毎日使うものですが、意外と選び方には無意識でいることが多いのではないでしょうか? そこで、食事シーンに合わせて使いたいおすすめの「お箸」を考え、「お箸」に込められた思いや魅力を再発見してみませんか?

普段何気なく使っているお箸。とても小さなアイテムですが、日本人の食卓には欠かせない存在です。お箸の選び方を工夫することで、食事の価値がさらに引き立ちます。シーンに合わせてお箸を使い分けることで、その魅力や使い心地をより深く感じることができるのです。これを機に、ご自宅のお箸を見直し、日常のシーンに合ったお箸を揃えてみてはいかがでしょうか?

 

お箸選びの楽しさ…

 

お箸は単なる食事道具ではなく、食文化を彩る重要なアイテムです。この機会に、お箸選びを楽しんでみてください。食事のシーンに合ったお箸を選ぶことで、毎日の食事がもっと特別な時間になるでしょう。

普段使いのお箸には、持ちやすさや手入れのしやすさが重要です。例えば、木製のお箸は手に馴染みやすく、軽量で使いやすい特徴があります。また、特別な日や来客時には、華やかなデザインの高級箸を用意することで、食卓の雰囲気を一段と引き立てることができます。

 

 

 

 

 

 

 

シーンに合わせたお箸選びは、食事の楽しさを増幅させるだけでなく、日々の暮らしに彩りを加えてくれます。あなたもぜひ、お箸選びを通じて、食文化の豊かさを感じてみてください。

 

 

 

関連情報

晴れの日のハレ箸 - 箸や楓 (hasiyakaede)

京都高台寺「箸や楓」

「衣服に晴れ着があるように、お箸にも晴れの日に使う晴れ箸」があってもと考えています。日本には、お正月にはじまりクリスマス、その他にも誕生日、結婚記念日など、それぞれの晴れの日が考えられます。箸や楓の思いは、普段着と晴れ着があるように、箸にも普段使いの箸とそんな晴れの日に使う「ハレ箸」があってもよいのではということです。

屋号 箸や楓
住所 〒605-0826
京都府京都市東山区桝屋町362番地12
営業時間 11:00~17:00
定休日 不定休
代表者名 橋本 良介
E-mail info@hasiyakaede.com

コメントは受け付けていません。

特集

京都市東山区桝屋町362番地12

080-2471-7250

営業時間 / 11:00~17:00
定休日 / 木曜日

 

 

 

【休業のお知らせ】

 

次回の臨時休暇は決まっていません。

決まり次第、こちらでご案内致します。