京都高台寺「箸や楓」

「箸」という言葉の起源について

箸の名前の由来

 

箸は、食事をする際に使う一対の棒ですが、その名前の由来には複数の説があります。一つ目は、「挟むもの」という意味から来ているという説。二つ目は、「端(はし)の方でつまむ」という行為から来ているという説。三つ目は、「橋」や「柱」といった形状から来ているという説。そして、四つ目は、古代には鳥のくちばしに似た形状をしていたことから、「嘴(くちばし・はし)」と呼ばれるようになったという説です。

これらの説は、それぞれ箸の起源に関する可能性を示唆していますが、正確な由来は特定されていません。実際には、これらの説が同時に存在し、複数の要素が合わさって「箸」という言葉が生まれたのかもしれません。さらに興味深いのは、「はし」という言葉が日本語において、「橋渡しの役目を持つ道具」として捉えられている可能性があるという点です。つまり、「はし」は端と端をつなぐ「橋」や、高い場所と地上をつなぐ「はしご」と同様に、異なる世界を繋ぐ役割を果たす道具として考えられていたのかもしれません。

食事の際には、一方の端には人の、もう一方の端には神の存在を見出し、神からの恵みをいただくという考え方もあったようです。そのため、箸は神聖な道具として扱われ、粗末に扱うことは許されませんでした。

こうした歴史や文化的背景を踏まえると、箸は単なる食事の道具に留まらず、人と神との交わりや、異なる世界を繋ぐ象徴としても捉えることができます。

 

お箸のデザイン

 

お箸にはさまざまなデザインがありますが、繊細なお料理に適したものや、野趣に富んだものなど、その形状や素材も食文化や地域によって異なります。写真には、繊細なお料理用の箸や、野趣溢れる料理を楽しむための箸が写っています。これらの箸は、食卓において華やかさや味わい深さを引き立てる役割を果たすことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

箸という一見単純な道具には、深い意味や歴史が込められています。日々の食事を通して、その背後にある豊かな文化や精神を感じ取ることができるかもしれません。

関連情報

晴れの日のハレ箸 - 箸や楓 (hasiyakaede)

京都高台寺「箸や楓」

「衣服に晴れ着があるように、お箸にも晴れの日に使う晴れ箸」があってもと考えています。日本には、お正月にはじまりクリスマス、その他にも誕生日、結婚記念日など、それぞれの晴れの日が考えられます。箸や楓の思いは、普段着と晴れ着があるように、箸にも普段使いの箸とそんな晴れの日に使う「ハレ箸」があってもよいのではということです。

屋号 箸や楓
住所 〒605-0826
京都府京都市東山区桝屋町362番地12
営業時間 11:00~17:00
定休日 不定休
代表者名 橋本 良介
E-mail info@hasiyakaede.com

コメントは受け付けていません。

特集

京都市東山区桝屋町362番地12

080-2471-7250

営業時間 / 11:00~17:00
定休日 / 木曜日

 

 

 

【休業のお知らせ】

 

次回の臨時休暇は決まっていません。

決まり次第、こちらでご案内致します。