京都高台寺「箸や楓」

竹箸の魅力:軽さと使いやすさを兼ね備えた安心の食器

竹箸の特徴

 

竹箸には、木製の箸にはない特徴があります。その特性は、子供からお年寄りまで、幅広い年代の方々にとって使いやすさと安心感を提供します。まず、竹は木よりも軽く、そのために箸を使う際に力を入れずとも食べ物を取ることができます。この軽さは、特に子供や高齢者にとって重要であり、使いやすさを大きく向上させます。

さらに、竹箸は木よりも加工しやすく、細く作られるため、理想的なフォルムを実現することができます。これにより、割れやすい木箸と比較して、竹箸はより丈夫で長持ちします。特に京都の竹を使用している場合、その安心感はさらに高まります。

竹のしなりも、竹箸の利点の一つです。木箸がポキッと折れることもある中、竹箸はしなりがあり、食べ物の重さに対応しやすいのが特長です。また、滑りにくく、どんな食材でもしっかりと掴みやすいのも魅力の一つです。そして、最後に「かっこいい」という点も挙げられます。

 

 

「竹八角 松竹梅」箸

 

「竹八角 松竹梅」箸の絵柄は松と梅の絵柄を描いています。そして、素材が竹の為、松竹梅になります。

 

竹箸はその繊細で美しい風合いから、見た目にも上品であり、食卓を彩るアクセントとなります。これは好みの問題もありますが、多くの人々が竹箸の風格を愛し、魅力的だと感じることでしょう。竹箸は、軽さと使いやすさ、安心感、そして美しさを兼ね備えた食器として、多くの人々に愛されています。その利便性と魅力は、食卓に華やかさと安らぎをもたらし、贈り物としても喜ばれることでしょう。

関連情報

晴れの日のハレ箸 - 箸や楓 (hasiyakaede)

京都高台寺「箸や楓」

「衣服に晴れ着があるように、お箸にも晴れの日に使う晴れ箸」があってもと考えています。日本には、お正月にはじまりクリスマス、その他にも誕生日、結婚記念日など、それぞれの晴れの日が考えられます。箸や楓の思いは、普段着と晴れ着があるように、箸にも普段使いの箸とそんな晴れの日に使う「ハレ箸」があってもよいのではということです。

屋号 箸や楓
住所 〒605-0826
京都府京都市東山区桝屋町362番地12
営業時間 11:00~17:00
定休日 不定休
代表者名 橋本 良介
E-mail info@hasiyakaede.com

コメントは受け付けていません。

特集

京都市東山区桝屋町362番地12

080-2471-7250

営業時間 / 11:00~17:00
定休日 / 木曜日

 

 

 

【休業のお知らせ】

 

次回の臨時休暇は決まっていません。

決まり次第、こちらでご案内致します。