京都高台寺「箸や楓」

特別な日に贈る、心温まる「ハレ箸」の魅力

お箸のハレとケ

 

日本の文化において、「ハレとケ」という言葉があり、日常と非日常を大切に使い分けてきました。お箸は日本の食事文化において欠かせない存在であり、特に「ハレ箸」と呼ばれる特別な日に使用する箸は、日本の伝統を感じさせる素敵な贈り物となると考えています。「ハレ箸」は、普段のお箸とは一線を画し、まるで晴れ着のように特別な日に相応しいものと考えています。箸や楓が提案するのは、晴れの日に相応しい「ハレ箸」をプレゼントとして贈ることです。晴れ着が特別な日を彩るように、お箸もまた特別な日を彩る存在となるでしょう。その思いやりあるプレゼントは、受け取る方にとって一生の宝物となります。

 

 

笑えるのは最高のギフト

 

当店のお箸は、一つ一つにお店オリジナルの物語が込められています。それはまさに、贈り物に込められた思いやストーリーが、普段の食事をより特別なものに変えてくれるのです。笑いを提供するお箸もその一例です。「魚を食べた犯人は誰だ」という謎めいたメッセージが箸に込められていることで、食卓が笑いと謎解きの場となり、楽しいひとときを過ごせることでしょう。

 

 

 

 

 

 

贈り物としての「ハレ箸」で、感謝や喜びを伝えることが、人々に良い印象を与え、親しみやすい関係を築く一助となります。特別な日に特別な贈り物、「ハレ箸」を通じて、ハレの日を大切にして下さい。

関連情報

コメントは受け付けていません。

特集

京都市東山区桝屋町362番地12

080-2471-7250

営業時間 / 11:00~17:00
定休日 / 木曜日

 

 

 

【休業のお知らせ】

 

次回の臨時休暇は決まっていません。

決まり次第、こちらでご案内致します。