京都高台寺「箸や楓」

新しい形の夫婦箸

結婚のお祝いに最適なお箸とは

 

結婚のお祝いにぴったりなお箸をご紹介します。「よりそい箸」とは、2膳が1つの絵柄となり、2人が同じ食事に使うことで感情が寄り添うお箸のことです。大切な人とのペア箸として、結婚などの贈り物に最適です。このよりそい箸は2膳で1柄となっており、特別な結びの絵柄が施されています。

 

 

 

想いを絵柄にのせて

 

「結び」絵柄の意味は、ずっと一緒に結ばれているようにという思いを込めています。結婚のお祝いには特に相応しいデザインと言えるでしょう。さらに、お箸には幸せの「はし」渡しの意味や、「箸」には食べるものに不自由しないという意味も込められています。人生の新たなステップにお祝いの気持ちを込めて、「箸」は最適な贈り物の一つです。また、絵柄の意味からメッセージを送ることも可能です。あなたの思いを「よりそい箸『結び』」にのせて、結婚のお祝いにプレゼントするのはいかがでしょうか。

 

 

関連情報

晴れの日のハレ箸 - 箸や楓 (hasiyakaede)

京都高台寺「箸や楓」

「衣服に晴れ着があるように、お箸にも晴れの日に使う晴れ箸」があってもと考えています。日本には、お正月にはじまりクリスマス、その他にも誕生日、結婚記念日など、それぞれの晴れの日が考えられます。箸や楓の思いは、普段着と晴れ着があるように、箸にも普段使いの箸とそんな晴れの日に使う「ハレ箸」があってもよいのではということです。

屋号 箸や楓
住所 〒605-0826
京都府京都市東山区桝屋町362番地12
営業時間 11:00~17:00
定休日 不定休
代表者名 橋本 良介
E-mail info@hasiyakaede.com

コメントは受け付けていません。

特集

京都市東山区桝屋町362番地12

080-2471-7250

営業時間 / 11:00~17:00
定休日 / 木曜日

 

 

 

【休業のお知らせ】

 

次回の臨時休暇は決まっていません。

決まり次第、こちらでご案内致します。