京都高台寺「箸や楓」

生活を豊かにするためのお箸

お箸のある暮らし

食事の一環としてお箸を使うことは、私たちの日常生活に欠かせない習慣です。朝、昼、晩と、毎食同じ箸で食事をされていることでしょう。箸や楓は、このような日常で使用するお箸を「日常箸」と呼びます。一方で、晴れの日にふさわしいお箸は「ハレ箸」と呼んでいます。箸や楓がつくるお箸は、ハレの日用のお箸に日常用のお箸です。つまり、お箸のハレとケです。

そして、贈り物としては「ハレ箸」をおすすめします。その理由は、ハレ箸を晴れの日に使用することで、長くご愛用いただけるでしょう。お箸にも寿命があり、使い続けることで摩耗が生じます。ハレ箸は、特別な日に使うことでその寿命を延ばし、一生涯にわたって美しく使い続けることができます。

 

「ハレ箸」とはどんな箸か

「ハレ箸」は、晴れの日にふさわしいお箸です。「衣食足りて礼節を知る」という言葉があります。同様に、箸や楓は、お箸にも晴れの日に相応しい「ハレ箸」があるべきだと考えています。新年やクリスマスなどの特別なイベントから、個々の誕生日や結婚記念日まで、様々な晴れの日があります。箸や楓の願いは、普段使いの箸と特別な日に使う「ハレ箸」を通じて、皆さんの人生をより豊かに彩ることです。

 

「ナデ角黒塗り 昇龍箸」

 

 

 

 

「ナデ角黒塗り 円窓紅葉箸」

 

 

 

 

 

「日常箸」の考え方

食事をする上で欠かせないお箸。日常的に使用するお箸も、食器と同じくこだわりたいものです。しかし、お箸にも寿命があります。正しいお手入れ方法を知り、食事の内容によって使い分けることがおすすめです。使った分だけ摩耗するお箸は、同じ箸を寿命が尽きるまで使用しても、一生で使うお箸の本数は変わりません。したがって、食に興味をお持ちの方や美味しい食事を楽しみたい方には、数本のお箸を持つことをお勧めします。

最初に、繊細な料理に(例えば薄造りのお刺身用)、そして野趣に富んだ料理に(例えば焼きそば用)適したお箸を2膳用意することをおすすめします。きっと、食生活がより豊かになることでしょう。

 

「すり漆六角 ベージュストライプ箸」

 

 

「すり漆 竹八角箸」

 

 

 

 

関連情報

晴れの日のハレ箸 - 箸や楓 (hasiyakaede)

京都高台寺「箸や楓」

「衣服に晴れ着があるように、お箸にも晴れの日に使う晴れ箸」があってもと考えています。日本には、お正月にはじまりクリスマス、その他にも誕生日、結婚記念日など、それぞれの晴れの日が考えられます。箸や楓の思いは、普段着と晴れ着があるように、箸にも普段使いの箸とそんな晴れの日に使う「ハレ箸」があってもよいのではということです。

屋号 箸や楓
住所 〒605-0826
京都府京都市東山区桝屋町362番地12
営業時間 11:00~17:00
定休日 不定休
代表者名 橋本 良介
E-mail info@hasiyakaede.com

コメントは受け付けていません。

特集

京都市東山区桝屋町362番地12

080-2471-7250

営業時間 / 11:00~17:00
定休日 / 木曜日

 

 

 

【休業のお知らせ】

 

次回の臨時休暇は決まっていません。

決まり次第、こちらでご案内致します。