京都高台寺「箸や楓」

「蓮の花」って

日本では、花といえば「サクラ」

 

仏教では、花といえば「蓮の花」です。極楽の絵には、蓮の花が描かれています。

蓮は、水辺などで見ることが出来る水生植物で、根はレンコンとして食べられます。

仏教では極楽浄土に咲く花とされてきました。

蓮の花が仏具の模様に描かれていることも多いのはこのためです。

蓮の代表的な花言葉は、「清らかな心」「休養」「神聖」「雄弁」「沈着」「離れゆく愛」「救済」等があります。

 

 

蓮と仏教

 

仏教では、泥水の中から美しい花を咲かせるハスの姿が、仏様の智慧や慈悲の象徴とされています。

正しい知恵で人生を見ることと、それを慈悲の力でもって補っていくことです。

よい行いをした者は死後、極楽浄土に往生し、蓮の花の上に身を託し生まれ変わるという思想もあります。

これは「一蓮托生」という言葉の語源になっています。

「一蓮托生」の意味には

1-「死後に極楽の同じ蓮華の上に生まれること」 

2-「物事の善悪や結果にとらわれず、行動や運命をともにすること」があります。 

つまり「生まれ変わっても一緒にいたい」という意味から「結果がどうなろうと運命を共にすること」という意味で使われています。「一蓮」は、「ひとつの蓮の花」を表し、「托生」は、「他のものに身をまかせて生きること」を指す言葉です。

 

 

結婚式でご両親への贈り物に「蓮の花」箸

「私たちはどんな苦難も一蓮托生で乗り越えることを誓います」の意味合いから、ご両親へ宣言として、あいあい箸 「蓮の花」も素敵だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連情報

晴れの日のハレ箸 - 箸や楓 (hasiyakaede)

京都高台寺「箸や楓」

「衣服に晴れ着があるように、お箸にも晴れの日に使う晴れ箸」があってもと考えています。日本には、お正月にはじまりクリスマス、その他にも誕生日、結婚記念日など、それぞれの晴れの日が考えられます。箸や楓の思いは、普段着と晴れ着があるように、箸にも普段使いの箸とそんな晴れの日に使う「ハレ箸」があってもよいのではということです。

屋号 箸や楓
住所 〒605-0826
京都府京都市東山区桝屋町362番地12
営業時間 11:00~17:00
定休日 不定休
代表者名 橋本 良介
E-mail info@hasiyakaede.com

コメントは受け付けていません。

特集

京都市東山区桝屋町362番地12

080-2471-7250

営業時間 / 11:00~17:00
定休日 / 木曜日

 

 

 

【休業のお知らせ】

 

次回の臨時休暇は決まっていません。

決まり次第、こちらでご案内致します。