京都高台寺「箸や楓」

新しいお箸をつくるのは楽しい

寄木市松箸の誕生

お店のレジカウンターの上に寄木のコースターがあります。實は4-5年前に北海道旭川の上地さんから頂いたもので、彼が手作りで制作したものです。箸置きなどの小物のディスプレーに使用しています。コースターをづらすと部分的に市松文様になります。ここで思いついたのが、縦目の市松箸です。上地氏に、6㎜角の長さ30㎝の角材を制作し市松にプレスして、12㎜角の長さ30㎝の角材を制作依頼する。

 

 

いい感じに、出来ました。

 

 

 

 

 

 

イメージを伝え指物師に依頼  

寄木角箸の仕上げです。特に箸の頭部分、依頼以上の箸が誕生しました。

 

 

 

 

さあ、これからどう変化させますか、楽しみがまた増えました。

関連情報

晴れの日のハレ箸 - 箸や楓 (hasiyakaede)

京都高台寺「箸や楓」

「衣服に晴れ着があるように、お箸にも晴れの日に使う晴れ箸」があってもと考えています。日本には、お正月にはじまりクリスマス、その他にも誕生日、結婚記念日など、それぞれの晴れの日が考えられます。箸や楓の思いは、普段着と晴れ着があるように、箸にも普段使いの箸とそんな晴れの日に使う「ハレ箸」があってもよいのではということです。

屋号 箸や楓
住所 〒605-0826
京都府京都市東山区桝屋町362番地12
営業時間 11:00~17:00
定休日 不定休
代表者名 橋本 良介
E-mail info@hasiyakaede.com

コメントは受け付けていません。

特集

京都市東山区桝屋町362番地12

080-2471-7250

営業時間 / 11:00~17:00
定休日 / 木曜日

 

 

 

【休業のお知らせ】

 

次回の臨時休暇は決まっていません。

決まり次第、こちらでご案内致します。