京都高台寺「箸や楓」

自分に合っている自分専用の箸とは

毎日手にする日常箸

毎日手にする箸ですが、ほとんどの方が自分専用の箸をお持ちになっていると思います。ところが、その箸が愛用の逸品と言える方がどれくらいおられるでしょうか。日本には、素材そして形や色。麺や納豆などの食材に対応した箸があります。また子供の頃から専用の箸があり、両親の箸、兄弟の箸そして自分の箸と、個人の道具として小さなころから意識をしてきました。このように大切な道具なのに、大人になってからも親やが選んでくれた、或いは友人がプレゼントしてくれた箸を何気なく使っている人がほとんどです。靴は足のサイズにあわせて買いますが、お箸はどうなのでしょうか。手だって人によって大きさや厚みが違います。自分専用の道具なのに、意識して手にあわせて箸を選んでいる方はとても少ないように思います。最低限、初めにお箸を持った時に違和感ない箸を使うべきです。

自分に合ったお箸の選び方は、1-持ち手・2-箸先・3-絵柄・デザインを見て、1-2-3(ワン・ツー・スリ)の法則で選んでください。

 

 

 

 

 

 

お箸は皆さんにとって近くにはあるが、遠いものかな

お箸はあまりに身近にありすぎて、見過ごしている生活道具ではないでしょうか。毎日使う自分専用の道具ですが、はたして最高の使い心地なのかどうか、自分にぴったりの箸なのか、つまり使い易い箸とはどのような箸だと思いますか、それは貴方にとって「持ちやすくて、つまみやすい」お箸です。

探す方法は、1-持ち手・2-箸先・3-絵柄・デザインの順に、1-2-3(ワン・ツー・スリ)の法則でお探しください。きっと貴方にあったお箸があります。

 

 

特に箸先に関しては、つまみやすいお箸を望むのなら、食べ物をつまんだ時に滑りにくい形状を選んでください。それは箸先が四角か五角或いは乾漆仕上げのものです。次に食材を口に運んだ時に、口当たりの良い形状は丸です。さらに口当たりの良い箸先は、真塗りの仕上げです。

 

 

 

 

関連情報

晴れの日のハレ箸 - 箸や楓 (hasiyakaede)

京都高台寺「箸や楓」

「衣服に晴れ着があるように、お箸にも晴れの日に使う晴れ箸」があってもと考えています。日本には、お正月にはじまりクリスマス、その他にも誕生日、結婚記念日など、それぞれの晴れの日が考えられます。箸や楓の思いは、普段着と晴れ着があるように、箸にも普段使いの箸とそんな晴れの日に使う「ハレ箸」があってもよいのではということです。

屋号 箸や楓
住所 〒605-0826
京都府京都市東山区桝屋町362番地12
営業時間 11:00~17:00
定休日 不定休
代表者名 橋本 良介
E-mail info@hasiyakaede.com

コメントは受け付けていません。

特集

京都市東山区桝屋町362番地12

080-2471-7250

営業時間 / 11:00~17:00
定休日 / 木曜日

 

 

 

【休業のお知らせ】

 

次回の臨時休暇は決まっていません。

決まり次第、こちらでご案内致します。