京都高台寺「箸や楓」

新年を迎えるにあたり準備したいもの

新年は新しいお箸

 

新しい年を迎えるにあたり、準備しなければならないものは色々とありますが、そのひとつにお箸もあります。日本には、昔からお正月にその年に使うお箸を新調する習慣があります。箸には「食べるのに困らない」ことから、「健康」や「長寿」を示す縁起物と考えられていました。また、食べ物自体が神様からの贈り物と考えられており、口に運ぶ先は人のもの、もう片方が神様のものと考えられ、箸には神様と人とを結ぶ「箸渡し」の役割があり、お箸を使う事で神様に感謝を伝える事が出来るとされていました。

何にしてもお箸を新調するのは気持ちがワクワクします。

 

 

 

福をつまみ上げる「紅福(こうふく)つまみ箸」

 

柳の両細箸の片方に紅で化粧を施した「紅福つまみ箸」をつくってみました。福をつまみ上げるお箸でございます。お目出度い宴席の取箸、お節ちの組重としてもお使い頂けます。お年始のちょっとした集まりの手土産に福をつかめる「紅福つまみ箸」如何ですか。

 

 

 

 

関連情報

晴れの日のハレ箸 - 箸や楓 (hasiyakaede)

京都高台寺「箸や楓」

「衣服に晴れ着があるように、お箸にも晴れの日に使う晴れ箸」があってもと考えています。日本には、お正月にはじまりクリスマス、その他にも誕生日、結婚記念日など、それぞれの晴れの日が考えられます。箸や楓の思いは、普段着と晴れ着があるように、箸にも普段使いの箸とそんな晴れの日に使う「ハレ箸」があってもよいのではということです。

屋号 箸や楓
住所 〒605-0826
京都府京都市東山区桝屋町362番地12
営業時間 11:00~17:00
定休日 不定休
代表者名 橋本 良介
E-mail info@hasiyakaede.com

コメントは受け付けていません。

特集

京都市東山区桝屋町362番地12

080-2471-7250

営業時間 / 11:00~17:00
定休日 / 木曜日

 

 

 

【休業のお知らせ】

 

次回の臨時休暇は決まっていません。

決まり次第、こちらでご案内致します。