京都高台寺「箸や楓」

箸や楓がつくる箸

見て楽しいお箸

 

制作していたお箸の絵柄の整理をしてみると、

何となく伝統の絵柄、和風モダンの絵柄、物語がある絵柄の3パターンでした。

 

 

そして、この物語があるお箸を追及すると、

見て楽しい、使って楽しいお洒落なお箸が生まれてきました。

 

 

毎日使うものだからこそ、貴方もこだわってみませんか? 

そして、お客様のおもてなしに、プレゼント用にも選ぶと楽しいですヨ。

 

 

 

「京の夜と朝」箸

 

お箸の絵柄は、左から京都タワー・平安神宮の鳥居・八坂の塔そして東山へとつづきます。

もう1本のお箸には星空に月そして裏面が太陽で、箸名の「京の夜と朝」を表現しています。

 

 

 

 

 

「秋刀魚がきれいに食べられた」箸

 

秋刀魚の絵柄が描かれています。

そして、裏側がきれいに食べた秋刀魚の骨の絵柄です。

 

 

 

関連情報

晴れの日のハレ箸 - 箸や楓 (hasiyakaede)

京都高台寺「箸や楓」

「衣服に晴れ着があるように、お箸にも晴れの日に使う晴れ箸」があってもと考えています。日本には、お正月にはじまりクリスマス、その他にも誕生日、結婚記念日など、それぞれの晴れの日が考えられます。箸や楓の思いは、普段着と晴れ着があるように、箸にも普段使いの箸とそんな晴れの日に使う「ハレ箸」があってもよいのではということです。

屋号 箸や楓
住所 〒605-0826
京都府京都市東山区桝屋町362番地12
営業時間 11:00~17:00
定休日 不定休
代表者名 橋本 良介
E-mail info@hasiyakaede.com

コメントは受け付けていません。

特集

京都市東山区桝屋町362番地12

080-2471-7250

営業時間 / 11:00~17:00
定休日 / 木曜日

 

 

 

【休業のお知らせ】

 

次回の臨時休暇は決まっていません。

決まり次第、こちらでご案内致します。