京都高台寺「箸や楓」

箸や楓がつくる「あいあい箸」

あいあい箸とは2膳で1つの絵柄

 

あいあい箸とは2膳で1つの絵柄を描いています。

「あいあい箸 」はペアーで1柄です。つまり2膳で一つの絵柄になります。絵柄はいろんなモチーフが考えられますが、ご夫婦にカップルへお二人へのメッセージになるような絵柄が楽しいデス。

 

「楓」あいあい箸 

 

 

 

楓の花言葉の一つに「大切な思い出」があります。「大切な思い出」という花言葉には、季節の移り変わりとともに楓の葉の色が緑、黄、オレンジ、赤と変化していき、森の中の楓を見て四季を感じる事もあります。幼いころに楓の葉を拾って集めたり、遊んだりした思い出など楓には大切な思い出がある人が多くいるのではないでしょうか。そんな楓を絵柄にしました。

 

 

結婚のお祝いに、「楓の花言葉に大切な想い出があります。これからのお二人の思い出づくりの為にお使い下さい。そして、ハレ箸としてお使い下さい。」というメッセージを付ければお洒落だと思いませんか。そしてハレ箸(特別なハレ日に使うお箸)としてお使い頂ければ一生お使い頂けます。

関連情報

晴れの日のハレ箸 - 箸や楓 (hasiyakaede)

京都高台寺「箸や楓」

「衣服に晴れ着があるように、お箸にも晴れの日に使う晴れ箸」があってもと考えています。日本には、お正月にはじまりクリスマス、その他にも誕生日、結婚記念日など、それぞれの晴れの日が考えられます。箸や楓の思いは、普段着と晴れ着があるように、箸にも普段使いの箸とそんな晴れの日に使う「ハレ箸」があってもよいのではということです。

屋号 箸や楓
住所 〒605-0826
京都府京都市東山区桝屋町362番地12
営業時間 11:00~17:00
定休日 不定休
代表者名 橋本 良介
E-mail info@hasiyakaede.com

コメントは受け付けていません。

特集

京都市東山区桝屋町362番地12

080-2471-7250

営業時間 / 11:00~17:00
定休日 / 木曜日

 

 

 

【休業のお知らせ】

 

次回の臨時休暇は決まっていません。

決まり次第、こちらでご案内致します。