京都高台寺「箸や楓」

記念日のお祝いにお洒落なプレゼント

若い人から高齢者への贈り物は、元気と長寿を願う気持

 

記念日のお祝いには、特別な贈り物を選ぶことが大切です。その贈り物が相手に喜ばれ、感動を与えることができれば、記念日の思い出はより素晴らしいものになるでしょう。贈り物を選ぶ際には、相手の好みやニーズを考慮するのはもちろんですが、同時にその贈り物が持つ意味も重要です。贈り物は、人と人との絆を深める大切な手段であり、良い意味で喜ばれることが多いものです。例えば、夫婦箸などはその典型的な例です。また、特定の文化や習慣に基づいた意味合いもあります。例えば、お年寄りへの贈り物として箸を選ぶ場合、古くから箸は長寿や幸福を願うシンボルとして扱われてきました。近年では、そのような伝統的な意味合いにとらわれず、お洒落な箸を贈ることも増えています。特に、若い人から高齢者への箸の贈り物は、元気と長寿を願う気持ちが込められ、縁起が良いとされています。

 

「よりそい箸 六瓢」

 

例えば、「よりそい箸 六瓢」という贈り物は、特別な意味を持っています。この箸には、6つの瓢箪が描かれており、「六瓢=無病」と言われています。瓢箪は古くから縁起物として知られ、繁栄や円満を象徴しています。その絵柄は、無病息災や家庭の繁栄を願う気持ちを表しています。このような贈り物は、喜びと幸せを象徴し、相手に感動を与えることでしょう。

 

 

記念日の贈り物として、「よりそい箸 六瓢」を選ぶことは、特別な思い出を残す素晴らしい選択となるでしょう。相手の心を温かくする贈り物を選ぶ際には、その意味や象徴性も忘れずに考えてみてください。

関連情報

晴れの日のハレ箸 - 箸や楓 (hasiyakaede)

京都高台寺「箸や楓」

「衣服に晴れ着があるように、お箸にも晴れの日に使う晴れ箸」があってもと考えています。日本には、お正月にはじまりクリスマス、その他にも誕生日、結婚記念日など、それぞれの晴れの日が考えられます。箸や楓の思いは、普段着と晴れ着があるように、箸にも普段使いの箸とそんな晴れの日に使う「ハレ箸」があってもよいのではということです。

屋号 箸や楓
住所 〒605-0826
京都府京都市東山区桝屋町362番地12
営業時間 11:00~17:00
定休日 不定休
代表者名 橋本 良介
E-mail info@hasiyakaede.com

コメントは受け付けていません。

特集

京都市東山区桝屋町362番地12

080-2471-7250

営業時間 / 11:00~17:00
定休日 / 木曜日

 

 

 

【休業のお知らせ】

 

次回の臨時休暇は決まっていません。

決まり次第、こちらでご案内致します。