京都高台寺「箸や楓」

「さくら」箸

通常価格

8500

(税込)
購入はこちら

※送料は無料です。

説明

桜の木は、「神が宿る木」として信仰され、その花の美しさや儚さは人々に愛されてきました。「花といえば桜」となるほど親しまれていました。全国各地に桜の名所があるのは、多くの天皇や大名、武士が桜を好んだためでもあります。そして、より日本人の生活に桜が根付いたのは、江戸時代以降です。江戸末期に代表的な品種「ソメイヨシノ」が作られ、明治時代以降は全国各地にたくさん植樹されるようになりました。

 

・表面の塗装の種類 漆塗塗装

・素地の種類    積層木(樺材)

・長さ          23.0㎝

コメントは受け付けていません。

京都市東山区桝屋町362番地12

080-2471-7250

営業時間 / 11:00~17:00
定休日 / 木曜日

 

 

 

【休業のお知らせ】

 

次回の臨時休暇は決まっていません。

決まり次第、こちらでご案内致します。